アメリカ駐在妻たぴおかのブログ

テキサス州でのんびり暮らしてます。

\読者登録お願いします/

【子育て】謎のWestern Day

f:id:esquinatapi:20230206115350j:image

2月初旬、娘が通うデイケアからメールが来ました。

「今週金曜日はWestern dayなので、カウボーイ/カウガールの格好をしてきてください」

ウェスタンデー?カウガールの格好なんて普通持ってないしー。ただし、「可能なら」と書いてあったので、今回は様子見することにしました。

とは言え、どこかにそれらしき洋服が売っていないかといろいろな店に偵察に行ってみましたが、見つからず…「今回はいいよね?」と諦めたのでした。

 

当日、登園すると大人顔負けのカウボーイやカウガールになった子どもたちがたくさんいました。みんなどこで調達してるのか、しかもけっこう本格的なものを持っているということがけっこう驚きでした。

f:id:esquinatapi:20230206115552j:image

画用紙で作ったカウボーイハットを先生がくれたのですが、ワケのわからないものが嫌な娘は最後まで拒否。

そしてやはり、先生たちも全力でカウガールでした。後で聞いたところによると、Westernの服を売っている専門店があるそうで、そういうところで購入するか、Walmartのオンランでもけっこういいものが買えるとのことでした。来年に向けてちょっと見ておくか…

 

そしてこの日のために事前に集金された$1でこんな馬(?)を作って、園庭で「Yee Haa!」して楽しんだようでした。

f:id:esquinatapi:20230206115522j:image

最近、テキサスのことについていろいろと学んだ様子の娘。テキサス州のフラッグを描いてきたり、州鳥や州花なども、私一人だったら絶対に知らなかったことで、娘が学んできてくれるので私も勉強になっています。

 

 

先生たちも全力で楽しむイベントについてはこちら↓

esquinatapi.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

【駐妻生活】アメリカの100均で掘り出し物を探せ!

f:id:esquinatapi:20230204092535j:image

日本では非常にお世話になっていたダイソーやセリアなどの100均。アメリカにもあればなぁとお考えの方、なんとアメリカにも$1均一ショップ、Doller Tree(ダラーツリー)があるんです!

正確に言うと、$1.25+税ですが、ここでは本当にいろいろなものが安く買えて、本当に楽しいんです。

 

とは言っても、日本に比べればクオリティー低いんでしょう?と思いますよね。確かにレベルが低いものもありますが、ダイソーに劣らない品質のものや、スーパーなどに売られているものを小さいサイズで販売されていたりするので、お試しで使えたりします。大容量のものだと使えなかったときに困りますからね。

 

何が売ってるのかというと、日用品からおもちゃ、文房具、パーティーグッズやキッチン用品、食品なんかも少しあります。イメージは本当にダイソーです。ここで少しご紹介します。

 

①季節商品

f:id:esquinatapi:20230204092611j:image

お店に入るとすぐに季節の商品が売っています。ハロウィン、クリスマスなどの時期はイベントで使う飾りや小物など、使う時期が限られるだけにお手軽に買えてうれしいです。今の時期だとバレンタイン商品ですね。飾りはもちろん小分けのチョコなんかも売っています。かわいくて、ついつい買っちゃうのは100均ならでは(?)ですかね。

 

②パーティーグッズ

プレゼント用の紙袋や包装紙、リボン、パーティー用の紙コップ、紙ナフキンやガーランドなどの飾りもたくさん売っています。柄も意外とかわいいものが多いです。使い捨てのものも多いと思いますが、十分使えますよ。バースデーカードなども充実していて見ているだけでも楽しいです。

 

③キッチン用品

f:id:esquinatapi:20230204092648j:image

カトラリーから料理に使う器具やボウルなど、だいたいのものは揃います。ただし、プラスチック製のものは使い方によっては結構壊れます。

 

③お菓子

f:id:esquinatapi:20230204092657j:image

グミやキャンディー系がたくさんあります。チップスなども小さいサイズのものがありますが、少し割高ですね。ちょっとお試しで食べたいときにはいいかもしれません。

 

④薬、サプリメント

f:id:esquinatapi:20230204092708j:image

解熱剤などの薬が置いてあるのは少しびっくりしました。かぜ薬も普通に売っています。サプリメントは種類が充実していますが、量がかなり少なく感じましたので薬局で購入するほうがお得かもしれません。ただ、サプリメントこそお試しが必要かもしれないので、一度買ってみようかなとは思っています。

もっとびっくりしたのは、妊娠検査薬や排卵検査薬、マリファナ検査薬まで売っていること。日本なら一つ700円前後すると思いますので、お得ですよね。感度もけっこういいみたいです。

 

⑤園芸用品

f:id:esquinatapi:20230204092720j:image
f:id:esquinatapi:20230204092723j:image

野菜や花の種や鉢植え、土まで売っています。手袋、スコップなどもあるので趣味がてら始めるのも楽しいかも?しかも種は4袋で$1です。

品質や量は比較していませんが、amazonだと約$6。普通に買うならスターターとしては安く抑えたいです。

 

<さいごに>

ダラーツリーの商品は、かわいいのでお土産にも手軽でおすすめです。行くたびに新しい商品が出ていたりするので、うまく利用するとお得なお買い物ができると思います。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

アメリカの店の外観についてはこちら↓

esquinatapi.hatenablog.jp

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

【子育て】これでいいのか?娘のランチ

f:id:esquinatapi:20230203071720p:image

娘がデイケアに通い始めて、約5ヶ月が経ちました。娘が通っているデイケアはランチやおやつが提供されますが、持参も可能です。

 

デイケアに通い始めた当初は、緊張からかランチに一切手をつけず、ならば食べ慣れているおにぎりを…と持たせてみたものの全く食べない日々。ランチの時間に行って、私が食べてみたりして安全なんだとわからせるも、一緒の日は少し食べるのですが一人になるとやはり食べない。これには少し悩みました。ランチの後は2時間ほどお昼寝の時間があるのですが、お昼抜きではちょっとかわいそうで早めにお迎えに行っていました。

 

思い返せば、日本で初めての保育園のときも謎に給食には手をつけず、牛乳だけ飲んでお昼寝をしていました。幼稚園に移るタイミングで、好きなキャラクターのお弁当箱を買って、お弁当を持たせるとちゃんと食べてきたので嬉しかったのを覚えています。幼稚園では週3日給食でしたが、半分くらいは食べられてたので、そのうち食べられるのかなと待ってみることにしました。

日本の給食と言えば、こういうのを思い浮かべますよね。↓

f:id:esquinatapi:20230203073019j:image

ところが、アメリカのデイケアで出されているランチには少しびっくりでした。というのも「え?これだけ?」という量で野菜なんてほとんどありません。足りない子ももちろんいますので、その場合はお代わり可能ですが、簡易すぎる…。日本の給食って栄養満点ですごいなと思います。

f:id:esquinatapi:20230203071921j:image

そしてある日、ランチにホットドッグを持たせたときです。ホットドッグランチは初めてではなかったんですが(パンに焼いたウインナーを挟んだだけのNOケチャップのものです)何が理由かわかりませんでしたが、急にデイケアのランチの時間に食べてきました。それからはしばらくこの「味なしホットドッグ」をランチに持参することにしたのです。

f:id:esquinatapi:20230203073029j:image

でも日頃の食欲を見ていると、これだけじゃ足りないはず…と思えてきて、「何かおかずも持っていく?」と聞いてみました。答えはNO。

しばらくすると、「飽きた」と言ってホットドッグを残してくるようになりました。確かに毎日は飽きるよね。次は「わかめごはんをおにぎりにして」と言ってきました。娘の好物です。「でも、お友達に何か言われたらどうしよう…」

 

そうか!お友達に何か言われそうだから、新しいものを持っていきたくないのか。言葉もあまり通じない中、これなに?と聞かれたら…と考えると緊張して食べられなくなってたのかもしれません。

大丈夫。聞かれたらriceと答えればいいだけ。なんなら答えなくても大丈夫。と自信をつけさせ、いざ登園。ぎりぎりまで大丈夫かなーと心配そうでした。

が、無事完食してきました。こんな小さなドキドキがきっと毎日なんでしょうね。我が子ながら、よく頑張っている!

 

しばらくして、おにぎり1個じゃ足りないんじゃないかとまたおせっかいママ。日本の幼稚園に持っていってたみたいに、たまごとかウインナーとか入れてあげようか?と聞くと、やはり答えはNO。

周りのお友達も簡素なランチなので、これでいいのかもしれません。食べたいものがあったら言ってね。と娘のペースに任せることにしました。

でも、これだけですからね。↓

f:id:esquinatapi:20230203072006j:image

親としては、ちゃんと食べてほしいとは思っています…

 

 

子どもの預け先を決めるときに重視したのは?↓

esquinatapi.hatenablog.jp

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

【暮らし】落ち着かないアメリカのトイレ事情

f:id:esquinatapi:20230201045058p:image

アメリカのトイレ、日本と同じく個室ではありますが、ドアの上下の隙間がやたら広くて、ドアの長さ合ってる?ってくらい短いです。ドア上部から顔見えるんじゃないかと思ってしまうほど。下からはちょっとのぞけば確実に見えます。

f:id:esquinatapi:20230201045112j:image

ドアを閉めても隙間は5ミリくらいはあるんじゃないだろうか。外を通る人が微妙に見えてしまいます。

これは落ち着かない…

f:id:esquinatapi:20230201045243j:image

中にいると完全に足が見えるので、使用中なのは一目瞭然。ノックする人なんていません。便利ではありますけどね。

また、鍵がついていてもかからないこともあります。ドアは閉まっても鍵自体がちゃんとついてなくてかからなかったりするのでゆっくりなんてしていられません。

 

 

 

これにはいろいろと理由があるようです。

まずは、犯罪防止。完全密室にならないように、外からある程度見えるようになっているようです。個室に2人以上入っていたらおかしいですよね。日本ではあまり考えられませんが、アメリカでは珍しいことではないようです。

あとは、病気などで倒れている人がいるかどうかがわかるということです。病状がわからなくても、人が倒れているのは見えるので、救助要請がすぐにできます。

もう一つは、ネットの情報で信憑性に欠けますが、掃除が簡単になる、建築費削減なんていうのもありました。

 

 

ここからは女性寄りのお話ですが、日本ではレストランなどの施設では「音姫」がついているトイレがほとんどじゃないかと思います。「音姫」がなければトイレを流しながら用を足す人も多いですよね。

でも、アメリカではそんな恥じらいは不要です!なにしろ、「音姫的なもの」なんてどこにもありませんし、みんなが普通に大音量なんですから。最初はさすがに少し抵抗がありました。

 

アメリカのトイレで便利だなと思うのは、どこのトイレでもハンドソープとペーパータオルが常備されていること。ペーパータオルがなければ、ハンドドライヤーが必ず使えます。ハンカチなんていりません!笑

また、海外のトイレだと紙がないってことがよくあるんですが、アメリカのトイレにはトイレットペーパーがだいたいあります。デカい、切りづらいやつが多いです。家庭用のサイズのトイレットペーパーだと盗まれないように工夫がされていたりはしますが…

f:id:esquinatapi:20230201045138j:image

注意が必要なのは、水の量が少なく調整されているトイレが多いような気がします。水の量が少ないので、紙を大量に流すと流しきれなかったり、逆に流すときの水圧が強くて返り水を浴びる可能性があったりします。

 

さぁ、このトイレの解放感、ぜひ楽しんでみてください。

 

 

トイレのドアは日本も内開きだと思いますが、アメリカの家のドアが内開きのお話はこちら↓

esquinatapi.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

【駐妻生活】アメリカの野菜の様子がおかしい

f:id:esquinatapi:20230131061738p:image

アメリカのスーパーに置いてある野菜の様子が少しおかしいというお話です。

 

アメリカのスーパーには野菜を新鮮に保つために野菜置き場にある小さいスプリンクラーから水が出ます。近くでどの野菜にするか悩んでいるとだいたいこのスプリンクラーにやられてしまいます。なので、野菜はいつもびしょ濡れです。

 

オーガニック野菜のスペースがあるほど、オーガニックが人気です。オーガニックとは農薬などを使わず、太陽、水、土の恵みで自然に育った食材のことです。時間をかけて育つので、栄養価も高いですが、値段も高いです。

 

アメリカでは一部の野菜を除いて、パックされた野菜は少なく、基本バラ売りです。インゲンやほっそいアスパラも必要な分だけ買えます。

野菜や果物は1個あたりではなく、重さあたりいくらで値段が決まっているんです。なので、野菜の大きさはバラバラです。売り場にははかりも置いてありますが、はかっている人はほとんどいません。これってすごく便利ですよね。バナナなんかも1本からでも買えます。「こんなにいらないんだけどなー」ってときありません?

f:id:esquinatapi:20230131062708p:image

バナナと言えば、まだ熟してなくても売り場に並べられています。なので、買ってすぐは食べられません。笑

でも皮が黄色くなるのを待って食べればいいので、少し早めに買っておくと便利です。腐りにくいのも助かりますよね。

 

 

さて、ここからが本題です。

アメリカのスーパーに置いてある野菜、日本と同じレベルのものを手にいれようとすると難しいことがよくあります。それがこの野菜たちです。

 

①にんじん

おいしいものには出会えないかもしれません。普通のスーパーでは細くて甘くない人参臭のするやつか、ミニキャロットが置かれています。どちらにしても細くて小さいので切りづらいです。

f:id:esquinatapi:20230131064945j:image
f:id:esquinatapi:20230131061816j:image

②きゅうり

ズッキーニですか?くらいの太さがあり、かなりの大味。皮も堅いのでそのままでは少し口に残ります。我が家は皮は少し剥いて、薄くスライスしてサラダにしていますが、日本のキュウリが食べたいです。

f:id:esquinatapi:20230131061837j:image

③キャベツ

見た目はキレイで、これは同じでしょうと買ったものの、硬くて剥きにくくて撃沈。ロールキャベツにしたくても、1枚ずつ剝がせません。丸ごとしか売っていないので、使いきれるかなぁと思いましたが、意外と日持ちはします。

f:id:esquinatapi:20230131062714j:image

⑤ねぎ

これ、「こねぎ」だよね?ってくらい細くて小さいです。アジアンスーパーとかでは日本みたいに長くて太いネギが見つかるのかもしれませんが、普通のスーパーにあるのはこねぎ。できるだけ太目のものを選んで買っています。

f:id:esquinatapi:20230131061851j:image

 

アメリカのスーパーの売り場は合理的だなと思える部分は多いですが、なかなか日本と同レベルの野菜には出会えないかもしれません。でも、工夫次第で日本食も作れますし、アメリカでしか見られない野菜にもトライしてみるのも楽しいかもしれません。

ちなみに私はまだ冒険していません…

 

 

アメリカで肉を買うのも至難の業!↓

esquinatapi.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

 

【おすすめアプリ】アメリカの薬局ならWalgreensで節約!

f:id:esquinatapi:20230130071022p:image

「Walgreens」とは、アメリカの有名な薬局(ドラッグストア)です。日本と同様に薬のほかにも日用品や化粧品なども購入できます。わりとなんでも揃っちゃいます。

また、市販薬は日本より種類が多いです。アメリカの医療費は高いので、市販薬が充実していて迷ったら薬剤師さんに相談もできます。とても便利ですよね。

f:id:esquinatapi:20230130071034j:image

薬局でできること

他にも薬局でできることがたくさん!

 

①写真プリント

写真の現像ができます。PCやスマホからオーダーできて店内でピックアップします。Walgreensでは画質もよく、写真の現像が無料になるサービスがちょくちょくあります。また、フォトブックやカレンダーなども作れるみたいです。

f:id:esquinatapi:20230130071054j:image

②処方箋での薬受け取り

病院を受診したとき、日本のように処方箋を手渡されることはありません。指定した薬局に病院からデータで送信されるので、私たちはいい時間に取りに行くだけでいいんです!また、ドライブスルーでも受け取りと支払いができます。

f:id:esquinatapi:20230130071108j:image

③予防接種

病院ではもちろん受けられますが、薬局でもOK。スーパーに併設されている薬局でも受けられます。ほとんどの保険で予防接種を無料で受けられるみたいです。例えばインフルエンザワクチンなどは無料です。日本では1回2000円前後かかりますよね。

 

④デリバリーやピックアップ

ある程度の金額以上のお買い物であれば、駐車場でのピックアップやデリバリーのサービスもあります。

f:id:esquinatapi:20230130071122j:image

なぜWalgreensがいいのか

Walgreensだと何がいいのか、ちょっとご紹介しますね。

①写真現像サービス

先ほども記載しましたが、写真現像無料や割引のサービスがあります。時期はランダムだと思いますが、安く写真が現像できると嬉しいですよね。アメリカの写真のサイズは日本より少し大きい気がします。(指定が間違っているだけかも?)

 

②ポイントサービス

Walgreens独自のポイントサービスがあって、支払い額によってポイントが貯まります。ポイントは店内のお買い物時に利用できます。処方箋の支払いにも使えるみたいです。

 

③セールや割引が多い

週ごとにセールをやっていて、アプリ会員だと会員価格で買えるセールもあります。新しく会員になると特定のカテゴリーの商品が10%引きで買えます。

f:id:esquinatapi:20230130071810j:image

④クーポンがたくさんある

割引やセールされている商品にもアプリでも手に入るクーポンが使えます。実はWalgreensは他のスーパーなどと比べて価格帯が少し高めです。が、セール商品にもクーポンを併用できるのでお得です。うまく使えば無料になったりもします。見切り品などはけっこう安くなっています。

 

⑤薬のリフィルがアプリでオーダーできる

処方箋で購入した薬がなくなって、旅行前などは余分に持っておきたいなーってことありますよね。種類にもよりますが、アメリカではリフィル、つまり詰め替えが購入できます。Walgreensのアプリでバーコードをスキャンするだけでオーダーできちゃうので、わざわざ病院へ行く必要がありません。

f:id:esquinatapi:20230130071217p:image

 

定価で買うには少し躊躇するかもしれませんが、割引率を見ればこの価格帯も納得。お土産にも最適なので、お散歩がてら店内をパトロールしてみるのも面白いかもしれません。さらにアプリを使ってお得にお買い物しちゃいましょう。

 

他にもポイ活に最適なおすすめアプリあります。↓

esquinatapi.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

 

【暮らし】アメリカ人のドライブスルーへの愛着が半端ない

f:id:esquinatapi:20230128071332p:image

「ドライブスルー」と言えば、マクドナルドなどのファストフードチェーンですよね。車から降りずに商品を受け取れて便利なので、利用された方も多いと思います。

このドライブスルー、アメリカ人は大好きです。絶対に車から降りないという気持ちが半端ないです。笑

 

アメリカではファストフードチェーンはもちろん、多くの飲食店でドライブスルーが導入されています。スターバックスなんかはいつもドライブスルーに長い列ができています。ドライブスルーのレーンが複数あるファストフードチェーンもあるようです。日本では考えられないですよね。

ドライブスルーは混んでいて、店内注文の持ち帰りはガラ空きなんてこともよくあります。

 

面白いドライブスルー

銀行のATM

これは聞いたことがある方もいるかもしれませんが、私は初めて見ました。入出金、振り込み、送金などができるみたいです。

薬の受け取り

病院で処方された薬もドライブスルーで受け取れます。ほとんどの薬局にはドライブスルーがついていて、薬の受け取りや支払いが可能です。中の人とはガラスで仕切られているので、接触しないので少し安心ですね。

ワクチン接種

f:id:esquinatapi:20230128071350p:image

アメリカでは病院でなくてもワクチン接種ができます。これも驚きなんですが、その辺の薬局でも可能なんです。スーパーの中の薬局でもOK。今はあるのかわかりませんが、コロナワクチン接種場があって、そこでドライブスルー接種ができるみたいです。

ピックアップ

ドライブスルーとは少し違いますが、ネットで買い物したものを駐車場で受け取れるサービスもあります。

 

アメリカにドライブスルーが多い理由

①車社会

なんといってもアメリカは車社会。車がないと生活できません。車社会でドライブスルーが多いのは納得です。

 

②面倒なことが嫌い

アメリカ人はシンプルな人が多いです。時間と体力を使わずに合理的にしたいというアメリカ人に最適なサービスなのかもしれません。

 

③安全

車に乗ったままなので、比較的安全です。車の中が必ずしも安全とは言えませんが、外が暗いときなどはできるだけ出たくないですよね。

 

④すべての人に平等

体が不自由な人や高齢者でも体力をそれほど使わずに動けることや、小さい子どもが同情していても車を離れることなく用事が済ませられるのは、とても優しいですね。

f:id:esquinatapi:20230128071408p:image

 

ドライブスルーはアメリカ人の性質や優しさから生まれた文化なのかもしれません。

 

 

車社会のアメリカで話題のガソリン高騰と戦えるアプリはこちら↓

esquinatapi.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村